blog - スタッフブログ blog - スタッフブログ

blog スタッフブログ

《ブログリレー#5》それ本当?あらゆるモノの確率の話

みなさん、こんにちは!
4連休いかがお過ごしですか!?

BRAVEブログリレー第5走者、
広告事業部の由良です!

BRAVEに入社して約1年、
私は「幸が薄い」女として、
確実にこの地位を確立させてきました(´・_・`)

そんな私が今回テーマに選んだのが
「あらゆるものの確率」についてです!!

ゆら

ようはです!

みなさんも普段の生活で
「めちゃ運いいな!」とか
「うわ〜運ないな〜」って
思う出来事たくさんありますよね!

そんな確率の話をちょっとだけ
お話していきたいと思います!
(長いです!すみません!)

こんな経験ありませんか?

まず最初にそもそも私がなんでこのテーマでブログを書こうと思ったか、
めちゃくちゃどうでもいいけど、
誰しもが一度は経験したことある確率の話をさせてください。

それは自転車をどこかに停め、
鍵を締める時のこと。
いくらロックをかけようとも、
何かに引っかかって
ロックがかからない時ありません!?

そう、こいつに邪魔されているんです!

こんなに隙間だらけなのに、
なんでよりによってこんな細いところに当たるんだ!?って(笑)
結構リアルな話、3回に1回くらいはこうなります(´・_・`)

これって相当な確率だよな?と思い、
他の様々な出来事にどんな確率が出るのか気になり調べてみることにしました!

宝くじが当たる確率

これはよく聞きますよね〜
誰しもが一度は憧れる
「宝くじ1等を当てる夢」

例えば、年末ジャンボ1等の7億円を当てる確率は
2000万分の1、
つまり0.000005%

東京ドーム(5万5000人収容)363個に
人をパンパン入れて、その中から1人選ばれる
ぐらいの確率らしいです!

ゆら

想像つかないけど、なんかスゴイ!のはわかる!

でも私は言いたい!!!
別に7億円当たらなくてもいい!

ゆら

当たるもんなら、欲しいけど…

せめて、100万円!
100万円当たったら、めちゃくちゃ嬉しくないですか!?!?

だから1等なんて高望みせず、100万円当選を目指して
その確率を調べてみました!

ズバリ、10万分の1、0.0001%です!
先ほどの1等を当てる確率と比べて、ゼロの数がかなり減りました!(笑)

が…東京ドーム約2個分の中から1人選ばれる!と考えると、
やはりそれは相当な確率…。

ゆら

幸薄人間からしたら途方もないな…

ただ宝くじの買う種類によって確率も違うみたいなので
興味のある方はぜひ、年末ジャンボ以外の確率も調べてみてください!

運命の人に出会う確率

こんなもの、確率論で語れるのか?って思うかもしれませんが
実はちゃんとした方程式があったんです!!

はるか昔、ドレイクさんという方が「宇宙に地球外生命がどれくらいいるのか?」
調べるために編み出した方程式があったのですが、

それをピーターバッカスさんという方が
「自分が理想の彼女と出会う確率」を出すために応用しました!

ゆら

これは頭の無駄遣いでは…?と思いつつ、
興味はあります。

「彼女となりうる人数=人口×女性比0.51×その女性が自分の住んでいる町に住んでいる確率×自分好みの年齢層率×自分が好みな女性がいる確率」ってことらしいです。(ムズッ)

実際日本の人口ベースで計算してみると
「運命の人に出会える確率」0.0049%でした!(およそ200万分の1)

ゆら

これは高いのか?低いのか?

そしてその後調べを進めていくと、そもそも人生80年だとして、
自分となんらかの接点を持つ人はたった「3万人」しかいないらしいです。

なのでそこから運命の人と出会う確率が
200万人に出会ってやっと1人なので、
3万人の中から出会う確率って相当なんだなと思いました…。
(この考え方あってる??)

ゆら

全然出会えないまま、一生を終える可能性大!!

なので今そういった方に出会えている方は
月並みの言葉ですが「出会いに感謝」なわけです。

もちろんそれが恋人じゃなくても親友や、仕事仲間でも
人と人との出会いは本当に奇跡なんだなと実感しました!

番外編:カラスにフンを落とされる確率

これ地味に気になってたんですよね(笑)
幸薄人間として不甲斐ないですが、
カラスにフンを落とされたこと、私はないです!ドヤ

ゆら

ただめちゃくちゃ追いかけられる時期はありました…

でもこれを読んでいる方の中には、もしかしているんじゃないですか!?
結論、その確率は423万分の1!
1日あたり日本では29人が頭にフンを落とされています(笑)

意外と多いなって私は思いました(笑)

しかしさっきの宝くじでいうと
バレンタインジャンボ1等前後賞3000万円が当たる確率(500万分の1)と同じくらいなんです!

ゆら

大雑把な比較ですみません…(笑)

でもそう考えたらすごくないですか?
だからもし今後カラスのフンが落ちてきても
肩を落とさず「ラッキーだ私は!」と思ってください!
すべての出来事は考えようでallhappyです♪

ゆら

ちなみに最初に話した自転車の鍵の話、
どなたか学のある方に、
あそこに当たる時の確率を出してもらいたいです。
そして私に教えてください(切実)

さて、長々と書いてしまいましたが
最後まで読んでいただきありがとうございました!

さあ。続いてバトンを繋いでもらうのは
我がBRAVEの縁の下の力持ちでありながら
お菓子大好きな「工藤さん」にお願いしたいと思います!

次回もどんなブログになるのか楽しみです!!

prev
next
blog top
contact
contact