LooopでんきとCDエナジーを比較!安くておすすめな電力会社はどっち?

LooopでんきとCDエナジーを比較
LooopでんきとCDエナジ-を検討しているけど、どちらが安いの?サービスに違いはある?おすすめは?など気になっていませんか。

結論から言うと、LooopでんきとCDエナジーでは、Looopでんきのほうが電気料金を安く抑えることが可能です。

とはいえ、具体的にどのくらい安くなるのか、本当にLooopでんきのほうがお得になるのか知りたい人も多いのではないでしょうか。

この記事ではLooopでんきとCDエナジーを料金・サービスの面から比較するとともに、世帯人数別の電気代シミュレーションも実施してどちらが安くなるのかを検証しています。

各社への申し込み方法もあわせて解説しているので、2社で迷っている方はぜひ最後まで読んでみてください。

LooopでんきとCDエナジーを比較

LooopでんきとCDエナジーについて、まずは電気料金・セット割・対応エリア・特典などのサービス面を比較してみましょう。

比較項目LooopでんきCDエナジー
電気料金使用量に関わらず安い基本的にLooopでんきより高くなる
電気・ガスセット割電気料金単価が1円引き電気・ガス代が0.5%引き
対応エリア全国
※ガスは東京ガスエリアのみ
東京電力エリア
ポイント特典なし100円で1カテエネポイントなど
環境・エコ

上記で最も重要なポイントには電気料金が挙げられますが、ほとんどの場合CDエナジーよりLooopでんきのほうが電気代を安く抑えることが可能です。詳しくは電気料金比較の項目で解説しているので、あわせて参照してみてください。

そのほかの違いには、対応エリア・ポイント特典・環境面での配慮などがあります。対応エリアはLooopでんきは全国ですが、CDエナジーは東京電力エリア内と限定的です。

Looopでんきにはポイント特典はありませんが、電気料金の差額で考えると圧倒的にCDエナジーよりも有利です。また環境面への配慮もLooopでんきのほうが進んでいるといえるでしょう。

電気料金比較

ここからは、電力会社を選ぶうえで大切な電気料金の比較を行っていきます。

一人暮らしとファミリー世帯の場合をモデルケースに解説しているので、自分の使用量にあったケースを参考にしてみてください。

料金比較にあたって

Looopでんきは「スマートタイム ONE」の1プランのみ、CDエナジーは「シングルでんき」「ファミリーでんき」「スマートでんき」の3つのプランがあります。CDエナジーはそれぞれ最適なプランを採用し比較します。

市場連動型であるLooopでんきの料金は、Looopでんきが公開している2023年の実際の料金データ(実績)を掲載しています。

一人暮らしの場合はLooopでんきが安い

一人暮らしの場合の電気料金は、Looopでんきのほうが安くなります。以下で、Looopでんきの「スマートタイム ONE」とCDエナジーの一人暮らし向けプラン「シングルでんき」の料金を比較しました。

ちなみに、シングルでんきは30A契約を想定しています。Looopでんきは基本料金が0円のため、契約アンペアに応じた料金の増減はありません。

利用月LooopでんきCDエナジー月平均使用量(kWh)
2023年1月7,237円11,250.45円227
2023年2月5,146円8,010.04円188
2023年3月3,057円6,062.64円142
2023年4月2,346円4,665,97円117
2023年5月2,499円4,512.08円116
2023年6月2,757円4,860.02円130
2023年7月4,572円7,395.72円200
2023年8月4,919円8,005.14円209

上記は2023年1〜8月の電気料金実績の比較ですが、いずれの月(使用料)でもLooopでんきのほうが圧倒的に安くなっています。

CDエナジーのシングルでんきは1ヶ月あたり150kWh以下の使用量の人におすすめのプランですが、150kWh以下の使用量である3・4・5月の料金もLooopでんきのほうがお得であることがわかります。

使用量が多い場合もLooopでんきが安い

電気の使用量が多い家庭でも、Looopでんきのほうが安くなる傾向です。以下では、Looopでんきの「スマートタイム ONE」とCDエナジーの大家族向けプラン「ファミリーでんき」の料金を比較しました。契約アンペアは40A想定です。

利用月LooopでんきCDエナジー月平均使用量(kWh)
2023年1月17,948円27,477.7円555
2023年2月12,493円19,166.02円448
2023年3月7,536円14,452.68円346
2023年4月5,656円12,099.55円279
2023年5月5,929円11,793.13円273
2023年6月6,371円11,463.98円298
2023年7月10,804円17,279.05円465
2023年8月11,692円18,864.47円491

一人暮らしと同様に、こちらもLooopでんきのほうがかなり電気代を抑えられていることがわかります。

CDエナジーのファミリーでんきは1ヶ月あたり400kWh以上電気を使用する人に向いているプランですが、電気の使用量が多くなる1・2・7・8月でもLooopでんきのほうが安くなっています。

ちなみにCDエナジーには基本プランとして「ベーシックでんき」がありますが、このプランでも結果は同じでLooopでんきよりも安くなることはありません

オール電化の場合はCDエナジーが安い

オール電化住宅では夜間の電気代が安くなる特別な電気料金プランを契約することになります。CDエナジーはオール電化対応プラン(「スマートでんき」)がありますが、Looopでんきにはありません。

そのため、オール電化の場合はCDエナジーの方が安くなります。

ただし、2016年より以前からオール電化を利用している方は現在契約している地域の電力会社の料金プランの方が安いため、どちらにも乗り換えないことをおすすめします。

どちらもセット割が適用される

LooopでんきとCDエナジーは、ガスと電気をセットで契約することでセット割引が適用されます。以下で、それぞれのセット割引の内容を解説していきます。

Looopでんきは電気料金単価が1円安くなる

Looopでんきは東京ガスの供給エリアでガスも供給しており、「Looopでんき+ガス」のセット契約で電気の料金単価が1円割引されます。

例えば月の電力使用量が300kWhだった場合は、300円お得になる計算です。

ちなみにLooopでんきはガス単体での契約はできず、ガスを契約したい場合は電気とセットでの利用が必須です。また対象エリアは東京ガスエリアのみなので、電気単体と比べてエリアが狭くなる点はネックだといえるでしょう。とはいえ、CDエナジーのエリアは東京電力エリアなので、比較をした場合はそれほど変わりません。

▼乗り換えキャンペーン実施中!▼Looopでんきを申し込む

CDエナジーは電気・ガス代が0.5%安くなる

CDエナジーで電気・ガスをセットで契約するとそれぞれの料金が0.5%安くなります。

例えば月の電気代が10,000円・ガス代が5,000円とした場合、750円の割引が適用される計算です。

電気とガスの使用量が多ければ多いほど高還元になるものの、Looopでんきとの電気代の差を埋めるまでには至りません。

CDエナジー公式サイト

CDエナジーは関東エリア限定

上述したとおり、CDエナジーは東京電力エリア(関東エリア)限定のサービスで、全国展開をしているLooopでんきに比べて契約できるエリアが狭いことがデメリット。

具体的なエリアは、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・栃木県・群馬県・茨城県・山梨県・静岡県の富士川以東です。

CDエナジーはポイントが貯まる

CDエナジーは、電気料金に応じてカテエネポイントが貯まります。還元率は100円につき1ポイントで、例えば電気料金が10,000円だった場合、カテエネポイントは100ポイント貯まる計算です。

カテエネポイントはカテエネ公式サイト内の「みんなの得トクひろば」(ポイントサイト)でのネットショッピングに使えたり、dPOINTやT-POINTなどに変換したりすることも可能。また電気代の支払いにも利用できます。

一方Looopでんきにはポイントサービスがありませんが、電気代を考慮するとポイントがあったとしてもCDエナジーよりもお得になる可能性が高いといえるでしょう。

環境やエコに配慮しているのはLooopでんき

地球環境やエコロジーへの配慮は、CDエナジーよりもLooopでんきのほうが優秀です。以下で、それぞれがどのような電源構成をしているのかや、CO₂排出係数についてまとめました。CO₂排出係数とは、電気を作る際に発生した二酸化炭素の量のことで、数値が低いほど環境負荷が少なくなります。

比較項目LooopでんきCDエナジー
電源構成FIT電気(22%)・再生可能エネルギー(3%)・水力(1%)FIT電気(10%)・再生可能エネルギー(1%)・水力(2%)
CO₂排出係数0.0004940.000411

電源構成はFIT電気においてLooopでんきのほうが多くの割合を占めていることがわかります。一方CO₂排出係数はCDエナジーのほうが優秀ですが、電源構成の割合を加味すると、Looopでんきに軍配が上がると考えてよいでしょう。

その他サービス比較

ここからは、LooopでんきとCDエナジーのその他のサービスを比較してみましょう。初期費用・解約金・支払い方法などを以下にまとめました。

比較項目LooopでんきCDエナジー
初期費用0円0円
解約金0円0円
支払い方法クレジットカード口座振替
電気の見える化ありあり
スマホアプリありなし

両社とも初期費用・解約金・電気の使用量などの見える化は同じですが、支払い方法とスマホアプリの有無が異なります

CDエナジーはクレジットカードに加えて口座振替も可能ですが、Looopでんきは現状クレジットカード支払いのみとなっています。

Looopでんきのアプリは毎月の電気代を確認したり、今月の電気代予測をチェックしたりすることが可能。またLooopでんきの電気料金単価は30分ごとに変わるため、単価が高い時間・安い時間にあわせて通知を受け取ることもできます。利便性においては、Looopでんきのほうが優秀だといえるでしょう。

Looopでんきがおすすめな人

以上を踏まえて、Looopでんきがおすすめな人をまとめます。

電気料金を大きく節約したい人

LooopはCDエナジーに比べて大きく電気料金を抑えることができます。

電気料金比較の項目でも解説したとおり、Looopでんきは一人暮らしでもファミリー世帯でも、CDエナジーよりもお得になる可能性が高いといえます。これはCDエナジーのどのプランでも同様です。

Looopでんきは30分ごとに電気料金単価が変動するプランのため、意識的に節電ができる人であればさらに電気代を少なくすることができるでしょう。

▼乗り換えキャンペーン実施中!▼Looopでんきを申し込む

CDエナジーがおすすめな人

CDエナジー|新ロゴ

続いてCDエナジーがおすすめな人をまとめます。

毎月固定の節約ができれば十分な人

Looopでんきと比べると安さでは劣るCDエナジーですが、決して高いわけではありません。毎月少しでもいいから節約したいという人には十分魅力的です。

またLooopは市場連動型というプランの特性上、電気代の予測ができません。一方、CDエナジーは毎月の単価が固定されているため、電気代の将来予測が立てやすいです。

大幅な節約を期待することは難しいですが、毎月堅実に、安定して節約したいという方ならCDエナジーはおすすめと言えます。

CDエナジー公式サイト

クレジットカードでは契約できない人

LooopでんきとCDエナジーを比較した場合はLooopでんきのほうが電気料金が安いため、CDエナジーは選択肢にほぼ入らないといえるでしょう。

ただしLooopでんきは支払い方法がクレジットカードのみなので、何らかの理由でクレジットカード払いができない人は、消去法でCDエナジーまたはほかの電力会社への契約を検討してみてください。

LooopでんきとCDエナジーの申し込み方法

最後に、Looopでんき、CDエナジーそれぞれの申し込み方法を紹介します。

Looopでんきの申し込み方法

Looopでんきの申し込みは公式サイトから行います。

公式サイトにアクセス後、申込ボタンから専用ページに遷移します。契約者情報、申し込み内容、支払いに使うクレジットカードの登録などを行うことで申込が完了します。

電気の検針票クレジットカードをお手元に用意しておくと手続きがスムーズに行えます。

申込が完了してから約1ヵ月でLooopでんきに切り替わります。工事や立ち合いなどは発生しないので、待っているだけでOKです。

CDエナジーの申し込み方法

CDエナジーの申し込みは公式サイトから行います。

公式サイトの申し込みボタンから専用のページに遷移し、契約者情報、申し込み内容などを入力してWEB申込を完了させます。

その後、CDエナジーから郵送で申し込み用紙が送られてくるので、申込内容の確認と支払い方法の指定などを行い返送することで本申し込みが完了します。

WEB申込の際は電気の検針票、申し込み用紙記入の際はクレジットカードまたは口座番号の控えなどを用意しておくと便利です。

申し込みから約1ヵ月でCDエナジーに切り替わります。工事や立ち合いはないので、開通するまでそのまま待ちましょう。

まとめ

今回は、LooopでんきとCDエナジーの料金やサービスを比較して、どちらがお得なのかを検証しました。

LooopでんきとCDエナジーでは、どのような電力使用量でもLooopでんきのほうが電気料金が安くなります。LooopでんきかCDエナジーで迷っている人は、電気代を抑えられるLooopでんきを選ぶとよいでしょう。

どちらも初期費用や解約金は発生しないので、ぜひ気軽に試してみてください。

\一番お得な電気料金を無料診断/

あなたにピッタリな電気料金が分かる!

住所」「世帯人数」の2つを選ぶだけで、お得な電気料金を診断できます。

料金シミュレーション

目次